本のサイズについて

PR|不用品回収なら七福神へ|自由が丘にあるシェービング|経営顧問によるアドバイス|群馬県の司法書士で人気|二世帯住宅の見積りを比較|

本のサイズにはいくつか種類があります。思い当たるサイズをそれぞれ書くとこんな感じです。A4サイズ:210×297mmB5サイズ:182×257mmA5サイズ:148×210mmB6サイズ:128×182mm四六版サイズ:128×188mm新書版サイズ:103×182mm文庫本サイズ:105×148mm(A6サイズ)・・・こんな感じでしょうか。上記以外にも変形サイズもあり、サイズは本当にたくさんの種類があります。 ある程度、型に入ったサイズにした方が、書店としては展示しやすい為、喜ばれるようですが、あえて目立たせる為、変形サイズにすることもあります。 経験で言うとA4サイズやB5サイズは少し大きい為、テキストや教科書に多いサイズになります。サイズが大きいとその分、余白が大きくなる為、メモを書き込みやすいのでテキストや教科書が多いようです。読み物はA5サイズ・四六版サイズが多いです。移動中などに読む為にサイズが小さいことが望まれているようです。 サイズによって、目的が異なりますので原稿を作成する際はご注意ください。

皆さんは、自費出版で使う紙や印刷業務に使われている紙がどのような包装をされているかご存知でしょうか。結論を先に述べると、「ワンプ」に包装されています。

ワンプを簡単に説明するなら、「防水加工が施されている紙」です。「紙に防水加工?」と疑問に思った方もいらっしゃると思いますが、紙は水や湿気に弱いため水分が付着してしまうと使い物になりません。それを防いでくれるための「ワンプ」なのです。

では、一般の包装紙(クラフト紙)で印刷用の紙を包むとどうなるでしょうか。答えは、クラフト紙も中に包まれている紙も共に「普通の紙」に変わりありません。結果として、クラフト紙も雨や湿気に弱く、水分を吸いこみ中の紙まで影響を及ぼします。そのようにならないための防水加工であり、「ワンプ」なのです。

今回のお話をまとめると、「印刷紙は、防水加工がされているワンプに包まれている。一般の包装紙(クラフト紙等)は、普通の紙と変わりないため、印刷紙の包装には適さない」となります。



PR|演奏家の派遣サービス|ワクワクする家を建てませんか|サプリメントの選び方|ショッピングカート|自動相互リンク集GF|童話の世界|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|フコイダンなら免疫向上|オーディオ|pagerankexplore|留学ChaChaCha|

コメントを残す