私の部屋にある本棚の本たち

投稿者: | 2016年12月29日

私の部屋にある高崎で作ったオーダーの本棚にはジャンル関係なく、様々な本が置いてあります。
なるべく分かれて置いてはありますが、レシピ本から小説、漫画に国語辞典、車の雑誌に旅行雑誌など整頓好きな人から見ればなぜ本棚ごとにジャンルで分けないのだろうかと疑問をもたれると思います。
実は私の部屋にある本棚というのは、家族全員で使用しています。
そのために、私が購入しなくてもいつの間にか知らない本が置いてあったりすることがあります。また私も雑誌を購入すれば置いておくのです。
こうして本棚には今まで購入した本たちが増え、たまに開くと自分の当時の記憶を思い出すのです。
その時にどうしてこの本を購入したのか。さらには本をもう一度読み返したり、私にとって部屋にある本たちは思い出のアルバムの様なものです。
それ以外にも思い出に浸るだけでなく、家族が購入してきた本が役に立つときがあります。
それは私が知らないことを調べるときです。
本というのは紙をめくるだけで、すぐに情報を知ることができます。
特に普段使わない食材のレシピや言葉の使い方、時には旅行雑誌を読んでその地域を調べたりもします。
今後も増えていく様々な本たちを私は大事にしていきます。