本棚がある生活はすばらしい

投稿者: | 2016年12月29日

部屋に本棚があるだけで人生はすばらしくなります。まず第一に、本棚はいうなれば日記の役割を果たします。

 

これまでどんな本を読んだのか、本が押入れに押し込まれていたり、図書館で借りた本を返してしまったりすると、その本の記憶は消えてゆきますが、本棚に並べておけば、毎日毎日、私たちはその本たちと出会うことができます。

 

自分の人生がそこにあるのだと確認することができるのです。では、読んでいない本を並べることが無意味かといえば、まったくそんなことはありません。

 

まだ読んでいないけれど、いつか読みたい、こんな本が読める自分になりたい、そういう本を並べておくのも本棚の楽しみのひとつです。
私は高崎でオーダーメイドの本棚を作りました。

 

少し背伸びして難しい本を並べた本棚は、日々「がんばらないとな」というモチベーションを私たちに与えてくれます。部屋に遊びに来た誰かがこの本棚を見てどんなふうに思ってくれるだろう、などと考えながら本棚をつくっていくのも楽しいですよね。

 

こんなふうに、本棚は人生を輝かせてくれます。