本を読むことの楽しさ、魅力

投稿者: | 2017年1月20日

私は小説、自己啓発本、専門書、図鑑など、様々なジャンルの本を年に200冊ほど読みます。家には高崎のオーダー収納専門店で作った大型の本棚があります。そこで本を読むようになって感じた、本を読むことの楽しさや魅力を紹介していきます。

私が本を読む理由は、今まで知らなかったことを知ることができるからです。著者が何年、何十年、人によっては一生をかけて調べてきたものが、本にはまとめられています。

 

わずかな労力とお金で、それらを知ることができるのです。そう考えると本を読むことは非常に得だと思います。また、本を読んでいると自然と語彙力が増え、表現の引き出しが増えます。本を読むことで、人に伝えることもうまくなるでしょう。

そして、本を読むことで本を読んでいる以外の時間に会う人、触れる景色、起こる出来事がより魅力的になります。今まで自分が知らなかった世界を知り、新しい視点で物事を見ることができるようになるからです。様々な視点を持つことで、他人の考え方も理解できるようになるため、自己中心的な人間になることもありません。

PR|壁面収納家具をオーダー注文|