ずっと繋げて行く楽しい読書

投稿者: | 2017年3月10日

オーダーで壁面収納本棚まで作ってしまう読書好きの友人と話していると、自分は好みの本ばかり読んでいると気が付きました。それではいけないとジャンルの幅を広げようとしましたが、漠然と考えているだけではうまく行かないので困りました。

選んだ本を読み始めようともせず閉じたままにしたり、読み始めてもつまらなく感じて読むのをやめたりしました。仕方なく自分でルールを作りました。読みたいと思う本はいつも通り読むとして、それとは別に読み終わった本の巻末に紹介されている参考文献の中から何冊か選ぶというものです。

好きな本と参考文献から選んだ本は交互に読むことにしました。好きで選んだ本に関係しているのですんなりと読めますし、マニアックな内容の場合は意外に面白くて熱中してしまうこともありました。そうやって繋げて行くと、読んだことのないジャンルの本がある棚に行く習慣が付きました。そして、書いてある内容と同じことを試したくて、以前は興味の無かった場所に出掛ける機会も増えました。