わたしのダイニングテーブル

投稿者: | 2017年11月16日

私が現在使っているダイニングテーブルは真っ赤な金属製のものです。

部屋は全体的にホワイトを基調としているので、その中でとびきり目立つようにそのような色と素材のものを選びました。

ダイニングテーブルは空間の印象を決める家具で、置く部屋に対する高さや幅のバランスももちろん大切ですが、それを二の次に考えてもまず私は「真っ赤」であることにこだわりました。

空間に合わせた家具を買うというのは家具選びの基本です。

しかし、空間と自分の体型とそして部屋のインテリアの系統やこだわり。

それら全ての条件をみたすような家具があればもちろんベストですが、そういう家具にはなかなかであえません。

私も最初はずっと完璧な一生ものになる家具を探していましたが、理想ばかりを追い求めていると、だんだんと自分が本当に欲しいデザインがわからなくなってきました。

そこで、もうサイズ感や使い心地は使い続ければいずれ慣れるものだと割り切って「真っ赤」という店に絞ってダイニングテーブルを探し、その中でしっくりくるサイズのものを選びました。

決して安い買い物でも無いですし、迷う時間も楽しいですが、いちばん大切なポイントを一つに絞って選ぶことも大切だと思います。